ビックカービングターンやエアトリックを得意とし、独特な感性とスタイルを持つプロサーファー市東重明がプロデュースするサーフボードブランド「Lazy Boy Skill」(レイジー・ボーイ・スキル)が本格始動した。
これまでライダーとして、プロ選手としていろんなサーフボードに乗ってきた市東重明がストイックな競技用ボードではなく、ライフスタイルとしてサーフィンをエンジョイできるオリジナリティ溢れるサーフボードを提案している。
彼は言う「サーフォンとは絵と同じで自己表現のツールのひとつ。ペンキや絵の具など、どんな道具、どんな手段で、どんな絵を描こうとも自由。波というキャンパスに自由なラインを描ければそれでいい。他人と比べることなく自分のライフスタイルとしてサーフィンを楽しんで欲しい。」
Lazy Boy Skillのサーフボードはオールドスクールな要素を残しつつ、高機能なエッセンスも取り入れたネオトランジッションスタイル。トラディッショナルな要素と現代の機能性いいバランスで調合した『楽しめるサーフボード』として仕上がっている。
市東重明がプロデュースする "マジックボード" Lazy Boy Skillの今後の動向に注目したい。

s_pr1.jpg  s_5-sh2.jpg  s_bunker1.jpg
Pink Rabbit          Sex Machine                         Banker Buster

s_4-sh21.jpg  s_6-sh2.jpg  s_style-maffia-01-1.jpg
SUNDAY KILLER                   Black Coffin                          Style Maffia