Nikeは、今までにない形でオンラインストアとリアル店舗の架け橋となる同ブランドの最新イノベーションを体験できるイノベーションスペース「NIKELAB」を発表した。「NIKELAB」はNikeが探求を続ける過程でイノベーター達とどのように交流し恊働しているかを紹介する場所。コンシューマーから最も期待が高く、驚きに満ちた同ブランドのプロダクトをデジタルの領域を通じて世界中のユーザーにその体験を提供する。
また同サービスからNikeのヘリテージスタイルやUNDERCOVERのデザイナー高橋盾氏などのカプセルコレクションなどが購入可能となった。
「NIKELAB」は6月11日(水)にウェブサイトをローンチし、6月12日(木)にリアル店舗をニューヨーク、ロンドン、パリ、ミラノ、上海、香港にオープンする。

s_nike-lab-x158-shanghai-low-def-01.jpg

日本国内では「NIKELAB」の世界観を体験できるNIKELAB POP UPスペースを6月13日(金)より表参道にてオープンする。期間中はNike Ink.の社長兼CEOでありデザイナーでもあるマーク・パーカー、FRAGMENT DESIGNの藤原ヒロシとナイキデザインの伝説的存在であるティンカー・ハットフィールドとのコラボレーション、HTMによる最新プロダクト「ナイキ フリー マーキュリアル スパーフライ HTM」のインスタレーションの展示やスニーカーの抽選販売が行われるほか、過去の代表的なHTMモデルのアーカイブも見ることができる。