10月13日、ツインリンクもてぎで開催されたMotoGP第15戦日本GPの決勝レースでJ.ロレンソが2年連続の優勝。2位に入ったM.マルケスがMotoGP年間チャンピオン2連覇を達成した。
M.マルケスは2010年の125ccクラス、2012年のMoto2クラス、2013年のMotoGPクラスに続き5年間で3年連続4度目のタイトル獲得に成功した。

s_s_46rossi__gp_8802_slideshow.jpg   s_s_26pedrosa,29iannone__gp_8510_preview_big.jpg

ポイントリーダーのマルケスが4番グリッドから2位で、タイトルの獲得条件になっていたライバル達の前でフィニッシュしたことから、3戦を残して2連覇を達成。
ランク4位のロレンソは5番グリッドから昨年に引き続いて優勝。ランク3位のロッシが3位表彰台でランク2位に浮上。

s_s_07aoyama__gp_4087_slideshow.jpg   s_s_99lorenzo__lg45898_slideshow.jpg

日本勢は中須賀が12位、青山が13位だった。

s_s_93marquez__gp_0439_slideshow_169.jpg   s_s_93marquez__gp_0664_slideshow_169.jpg