雑誌『アスリート・サファリ』(日之出出版)が主催し、プロアスリートのベスト・ドレッサーを表彰する、「アスリート・ドレッサー・アワード2015」の表彰式が1月22日、有楽町の阪急メンズ東京で行われ、LUMINOXのアンバサダーを務めるプロサーファーの市東重明が選ばれ受賞した。

DSC05854.jpg

プロサーファーでアーティストの市東重明は、サーフ、スノー、スケート、アートと様々な分野で才能を発揮。様々なメディアに登場し、オリジナリティ溢れるスタイルを披露。あらゆるタイプのサーフボードを乗りこなす千葉県出身在住のプロサーファーだ。

この賞ではサッカー、野球、ボクシングなど、様々なジャンルから7人のアスリートが選出。表彰式には、普段はユニフォーム姿のアスリートたちが、スタイリッシュな姿でステージに登場した。

◆2015年度受賞者7名
・伊野波雅彦(サッカー)・今江敏晃(野球)・岡田優介(バスケットボール)・佐藤琢磨(レース)・市東重明(サーフィン)・谷原秀人(ゴルフ)・山中慎介(ボクシング)

今後、市東重明には本業のサーフィンだけではなく、サーフィン界のファッションリーダーとしてお洒落の面でも業界を引っ張っていってもらいたい。

1421923675213.jpg